風邪をひいてしまったら。

本日より仕事始めの方が多いでしょうか。例年より暖かいとはいえ、寒く、ウィルスなども蔓延しているので、ふとした時に風邪をひいてしまう可能性もありますので、皆さんお気を付けてお過ごしくださいね。

私はというと、食と運動を心掛けているせいか、岩手に戻ってきてからの10年、風邪らしい風邪をひいた記憶がありません。免疫力があるんでしょうかね。そのあたりはまたお話させていただきますが、予防していても風邪をひいてしまうことはありますので、その時の対処法を簡単にお伝えします。

風邪はいろんな症状があり、1週間程度で収まりますが、風は万病の元とも言われますので、油断大敵です。

風邪かなと思ったら、体を休め睡眠を十分にとることが第一。その上で温かく消化吸収のよい食事を基本として、体力を回復させ、原因菌であるウィルスへの抵抗力をつけるために、少量でも高栄養の食事をバランスよくとりましょう。

抵抗力を高めるたんぱく質や、免疫力を高めるビタミンC、のどや鼻などの粘膜を保護するビタミンAを積極的にとるのがいいですね。発熱や下痢をともなう場合は十分な水分補給も忘れずに。

たんぱく質→魚介、肉、卵、大豆製品など
ビタミンC→野菜(ほうれん草、ブロッコリーなど)、果物
ビタミンA→レバー、うなぎ、緑黄色野菜(にんじんなど)

参照:「からだにおいしいキッチン栄養学」/「あたらしい栄養学」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です