体を温めよう:「陽性食品」

1年で一番寒い時期に入りました。
例年より暖かいとはいえ、寒いことには変わりません。
特に冷え性の人たちにとってはつらい時期でもありますので、体を温めることを積極的にしていきましょう。

体を温める方法は色々ありますが、食べ物にも大きく影響されます。
いわゆる「陽性食品」と言われるものが体を温める効果があり、見分け方としては以下のようなポイントがあります。

1、色
黒・赤・橙などの暖色系の食べものは「陽性」、青・緑・白などの寒色系の食べ物は「陰性」です。
肉や赤身の魚などは陽性、暖色系の色が多い根菜類も陽性です。
白い食材の牛乳や豆腐、白砂糖などは陰性なので、食べすぎは要注意です。

2、水分を含んでいるかどうか
水分が少ないものは「陽性」、水分が多く柔らかいものは「陰性」と考えられます。

3、産地
温暖・熱帯地方の食材は体を冷やす食べ物が多く、一報寒い地方の食材は体を温める陽性食品が多いです。
つまり、今の時期の東北・岩手の食材は陽性食品が多いということですね。

4.塩分
塩分の多い食品は「陽性食品」で、梅干し、みそ、醤油、つくだ煮、干物、漬物などがあげられます。

今の時期にあるものとして、
人参、ごぼう、長芋、かぼちゃなどが体を温める食材として考えられます。
また、薬味で使われるネギやショウガ、にんにくは血の巡りを良くして体を温める効果があります。

寒い時期、極力このような食材を食べて、体を温めて過ごしていきましょう。

参考:
「温め美人ブログラム」
「カラダにいいこと大全」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です